健康コラム

7月「夏の体調管理」

梅雨が明けてから連日のように30℃、35℃超えの真夏日、猛暑日が続いています。
もうすでに夏バテの症状はでていませんか?

夏場の体調管理として、まず思いつくことといえば、、、

  • 水分補給
  • 室温調整
  • 冷たいものの摂りすぎ注意

など、上記のようなことがすぐに思いつきますね。
これらはどれも夏バテの原因としてあげられているものです。

②の室温調整ですが、最近では室内外の気温差が10℃以上にならないように
調整しましょうといわれていますので、うまく空調管理をして自律神経の働きが乱れないように気をつけたいですね。

忘れてはいけないのが、“運動不足”
運動することにより発汗作用が正常に働き体温調節ができます。
汗をかかなくなると、体温がどんどん上がってしまい、熱中症の危険もでてきてしまいます。

夏場の体調管理はなかなか難しいですが、うまくコントロールしていきましょう。
ちなみにP+ではストレッチポールのクラスがあります。
ポールのプログラムに参加すると、無意識に力が入ってしまっていた筋肉を脱力させることができるので、
疲れた身体をポールにのってリフレッシュさせに来てください。

 

健康運動指導士
中村修

 

 

タイトルとURLをコピーしました